news

雑誌pen「東京古着日和」特集号にて、 tac:tacデザイナー島瀬の対談ページが掲載されました。

古着をリサーチする。
これは、毎シーズンデザインを考える上で必要不可欠な作業であり、日常で着る服を見つけるうえでも、多くの発見のある楽しみでもあります。

古着を楽しむ事は、「出会い」を楽しむ事。
それは、どこかの誰かが着ていた服、誰かが見つけた服が自分だけの服になる偶発的で奇跡的な出会い。
悦に浸れる最高の瞬間。

自分が生活の中で出会った感動の「瞬間」の「今」を「これから」のデザインとして、より多くの人にお届け出来るのが既製服として量産できる自分達の強み、ブランドの責任だと思っています。

過去の遺産「古着」に負けない、他では手に入れることができない独自のデザインを提示出来る様に今後も商品開発を続けたい。

そんなことを改めて考えさせてくれた、刺激的な対談でした。

是非、ご一読ください。

tac:tac 島瀬

category
archives