2019年2月9日(土)より、渋谷のセレクトショップ@N idにてtac:tac2019年春夏の新作とともに、ブランドの思想軸「時間」の世界観を表現した期間限定のポップアップストアーをオープン。シーズンテーマの「一人旅」のイメージを軸に、
ディレクター山家章宏との共同企画で、ホテルのロビーやクロークを連想させる空間を演出。

また、ご購入された方にクロークチケットを連想させるナンバリング付きのレザー製ネックレスを数量限定で配布した。

We opened the limited store which expressed a view of the world at the thought axis “time” of the brand with a new work in tac:tac spring /summer 2019 at Nid, Shibuya from February 9, 2019. Centering on an image of “traveling alone” of the season theme, we worked with direction Mr. Akihiro Yamaya who displayed the store space of a hotel lobby and a cloakroom.
In addition, we distributed a leather made necklace with numbering which reminded the person who purchased it of a cloakroom ticket.

Nid (ニド)とはフランス語で鳥の巣 ‒ それは居心地のよい場所であり、そこにある存在が自立し、世の中に 巣立っていく過程とその日まで、暖かく守られた環境(場所・空間)を提供することを意味しています。 そういった社会的プロセスを背景に、Nid の目的は様々な個性と表現力を持つアーティストとブランドを暖かく見守りながら、確かなる安定性、進化と発展を追求しながら、店舗としての空間を構成させていくことにあります。

更にN id では、本来、外部から守る役割を果たす”巣”をプラットフォームとして捉え、クリエイターに限らず様々な人々が重なり、ぶつかり、交わることのできる解放された場所でありたいと考えます。その触れ合いにより、多様な個性と視点、
イデオロギーと技術の融合によりNid のアイデンティティが確立され、また新しいスタイルが誕生していきます。

Nid is Nest in French ‒ that of bird is a comfortable place, and existence in there becomes independent, and it is warm, and Nid means that provides protected environment (place, space) until a process and the day leaving the nest in a society. Backed by such a social process, the purpose of Nid is to let you constitute the space as the store while pursuing reliable stability, evolution and development while watching a brand with an artist with various personality and power of expression warmly.

Furthermore, Nid arrests “nest” playing its part to protect from the outside as a platform, and various people are piled up not only a creator and hit it and, in N id, want to be originally the freed place that can cross. Identity of Nid is established by a variety of personality and a viewpoint, an ideology and technical fusion, and, by the contact, a new style is born again.


石上純也建築設計事務所を経て2015年に独立。
建築を軸に、空間構成、インスタレーション、ファッションのセットデザイン等も手掛けるなど広い分野で活躍している。

https://www.akihiroyamaya.com/

Became independent from Junya Ishigami office in 2015.
He is active of space design, installation and fashion installation in based on architecture in many fields at present.

https://www.akihiroyamaya.com/